【アナデン攻略メモ】ゼルベリア大陸(雷)の解説|立ち回りが分からない人向け

2020年9月13日

こんにちは、アンディです。

今回は、先日実装された外典「剣の唄と失楽の翼」の第6話クリア後に実装される新アナザーダンジョン「ゼルベリア大陸(雷)」の周回パーティについての話です。

雑魚的がドロップする素材を使用して新しい武器の作成・強化ができる為、そちらも目的にされる方は周回しながら雑魚的を倒しきりながら周回する必要があるので、けっこう面倒なのですがグラスタ錬成が実装されたおかげで割と色々なパーティでスムーズに周回できます。

ゼルベリア大陸(雷)の周回目的

まずはゼルベリア大陸(雷)を周回する目的について。

大きく分けて2つあります。

  1. 配布キャラクター「クラルテ」の冥上げ
  2. 西方キャラクターの星5記憶の書が入手可能
  3. 新武器「刀・拳・槌」の作成・強化

注目すべきは1、2の項目。

クラルテについては第6話をクリアすれば自動的に星5クラスにクラスチェンジするので、夢詠みの書は不要。最終スキルは外典の最終話クリア後に開放されるそうなので、最終評価は難しいものの昌属性のスキルを使用できるキャラクターはまだ少ない為、戦力的には貴重です。(昌属性のスキルを必要とする場面も少ないですが・・・)

〇〇に西方を有する星5キャラクター(現環境ですと、メリナ、ロゼッタ、チルリル、ミストレア)あたりの記憶の書がこのダンジョンで入手可能になりました。

特にメリナ、ロゼッタ、チルリルの記憶の書はこれまでナダラ火山で入手可能でしたが、天冥が一定確率でアップする対応キャラクターがおらず、周回する旨味が薄かったのですが、1つ目の項目で挙げた通り、クラルテの冥上げが可能になりつつ、一部記憶の書が入手可能になった為、周回する優先度は高いと思います。

新武器の刀・拳・槌はどれも強化後に雷属性の攻撃力をアップするアビリティが付与される。刀についてはヴィクトと相性が良い武器となりますが、他2種は今後実装されるキャラクター次第で使い道を見出したいところです。

ゼルベリア大陸(雷)のマップ構成

次にゼルベリア大陸(雷)のマップ構成について。

近々に実装されたアナザーダンジョンだと東方のガルレア大陸が記憶に新しいですが、ゼルベリア大陸はややこしい要素はなく、レッドキーを使用するアナザーダンジョン(人食い沼やナダラ火山)のように全3マップ構成となっており、スタートからボス戦のマップまでは一直線で構成されています。

また、2番目と3番目のマップには一定確率でレアエリアが登場し、夢詠みの書が入手可能になっています。

周回パーティ(2020年9月12日時点)

冒頭にも記載した通り、雑魚的がドロップする素材を使用して新しい武器の作成・強化ができる為、強化までを視野に入れている方は雑魚的も倒しながら周回する必要があります。

管理人は現在こんな感じのパーティで周回しています。

以前紹介した未来ガルレア大陸の周回パーティの構成をほぼ流用しています。

各キャラクターのグラスタ

  • ギルドナ
    • 会心の力【クリティカル率+15%】
    • 虚無の力【クリティカル率+15%】
    • 虚無の力【てきのかず攻撃】
  • シエル(アナザースタイル)
    • 激震の力【P】
    • HP最大時強化【P】
  • ラクレア
    • 激流の力【P】
    • 会心の力【P】
    • 水流の力
  • ユキノ
    • 害毒の力【MP消費攻撃】
    • 害毒の力×2
  • アルド
    • 爆炎の力【P】
    • 虚空の力【P】
    • HP最大時強化【P】
    • 必殺技強化<主人公>
  • クラルテ
    • 適当なグラスタ【エンカウントアップ】×3

本当はクリティカルバフ要因を入れて雑魚敵を通常攻撃のみで倒していくパーティを組みたかったのですが、微妙に天冥値が足りなかったのでなくなくこの編成に。

ギルドナはグラスタと装備で速度とクリティカル率を上げていくことで雑魚敵は通常攻撃だけで倒せるように調整。

アルドのグラスタはギルドナへのバフ要因とボス戦ではギルドナと交代させることでユキノにもバフが付与されるのでユキノのスキル(飛雪千里)の威力上昇につなげています。

ボス、FEARともに、ミュンファ:茶柱グロリアス+シエル:エスプレッシーヴォ+ラクレア:竜鱗神楽+ユキノ:飛雪千里で1ターンで終了。

武器強化が終わったりクラルテの冥がもう少し上がってきたら編成は変える予定です。